経費削減−営業経費1

営業の経費削減をしながら、売り上げを伸ばすのは至難の業です。もしも、営業の経費削減を迫られたら、ただがんばれば良いというものではなく、根本から考え方や、やり方を変えていかなくてはなりません。しかしそもそも営業というのは資材を投じたから必ず上手く行くというものではないですよね。ということはやり方次第で、大幅な経費削減と、売り上げアップを狙える部署だということもいえるのです。まずは、社内の連携を強化し、営業のやり方を根本から見つめなおしてみましょう。売り上げが良くなければ、資金に余裕を作ることも、借金を返すこともできず、結局は経費削減をする意味もなくなってしまいます。

 

では、一体どのポイントを抑えておけば、売り上げアップと経費削減を両立させることができるのでしょうか?

販売促進費は妥当か

良いものを作れば、または良いサービスをすれば売り上げは増えていくという考え方は残念ですがもう終わっています。現代社会ではものがあふれており、消費者はわかりやすい商品から買っていきます。作るだけで何もしなければ、よほど突出した、商品やサービスで無い限り、その他多くの商品に紛れて消えてしまうでしょう。まずは消費者の目にとまる商品を作るということが、現代の秘本のマーケティングに置いて大前提となるのです。まず目にとめてもらえなくては選んでももらえないのです。

 

ここで企業がしのぎを削っているのが、販売促進費ということになります。しかし、この販売促進費もただお金を掛ければ効果がでるというものではないのです。メディアの世界は日々進歩していますし、昨日有効であった手段はもう明日には使えなくなっているかもしれません。広告を出すにしても、新聞なのか、インターネットなのかと、色々と手段はありますが、自分の会社にとって一番に良いものがわかっているでしょうか?ただ、闇雲にお金を掛けるのではなく、自分の会社の立場や、状態を考えた上で販売促進費を決めるだけでも、効率的な経費削減につながるのです。

メディアの波に乗ろう

近年のインターネット普及によって営業のスタイルは急激に変化したといってよいでしょう。また、携帯電話などのモバイル化が進んでおり、これらのツールも販促に大きな意味を持ち始めています。現在、余裕のある企業は、このインターネットや、携帯電話などのネットワークを利用しての販促にとても力を入れています。とはいえ、インターネットビジネスの世界はまだ、若く、個人での成功者がたくさんいる業界です。1から会社を立ち上げて成功したという人が、日々のテレビなどで取り上げられたりしています。このような流れの中で、中小企業のインターネットに対する意識は残念ながら低いと言わざるをえません。

 

個人での成功者が大勢いるということは、大企業には及ばなくても個人よりは体力のある企業が成功しない訳がありません。問題は始めから諦めているのでは?ということなのです。他の仕事が忙しいからとか、お金を掛けられない、または出来る人材がいないからといったいいわけをしていないでしょうか。忙しいなら業務時間外に、できる人材がいないなら自分で勉強すればよいのです。問題はやる前から諦めているということです。できることから、やっていけばその姿勢は、色々な所に伝わり必ず良い結果を生みます。インターネットを中心としたネットワーク業界はこれからさらに、拡大していくでしょうし、そうなれば、営業をするに当たって必ず避けて通れない道になっていきます。そんな波に乗り遅れないためにやれることは今やっておくのが得策なのです。

Valuable information

ダイヤモンドリング 通販
http://www.rakuten.co.jp/kyoto-komachi/
iPhone 修理 横浜
http://xn--n8jvh9elfoa8284cfh1e.tokyo/yokohama/
太陽光発電 大阪
http://eco-taiyou.co.jp/
金 買取 札幌
http://www.recyclemart-hiraoka.com/
名入れグラス
http://www.a-aim.com/

2015/8/12 更新